「くりっく株365」という金融商品をご存知ですか?
日本国内だけでなく海外の株価指数に対して投資をするもので、専門知識をそれほど必要としないこともあり、はじめて投資をしようと考えている投資家のみなさんにとっても利益を上げやすいと言われています。
どのようなメリットがあるのか、以下にまとめてみましたのでぜひご参考にしてみてください。

●配当がある
配当というと、株のイメージですよね。
確かに現物株に投資をしていると、配当を受け取ることができます。
このくりっく株365でも「買いポジションを保有していること」という条件を満たせば、株価指数ベースでの配当相当額を受け取ることができます。
配当でも利益を狙えるというのは大きな利点と言えるのではないでしょうか。

●海外の株価指数にも円で投資できる
一般的に海外のものに投資するとなると、日本円を現地の通貨に変える必要があります。
このときに為替手数料がかかるため、為替リスクを負いやすいということが注意点です。
ところがくりっく株365は円価格で投資をすることができるので、為替リスクを気にする必要がありません。

●レバレッジを用いた取引が可能
少額投資の強い味方、レバレッジを効かせた取引を行うことができます。
資金効率を考えても、かなりお得な投資と言えるでしょう。

●ほぼ24時間取引をすることができる
日本市場以外にも海外市場の取引時間をカバーしていることが特徴です。
日本時間の深夜でも取引ができるので、海外市場の相場の流れにもリアルタイムで対応できます。
さらに、日本の祝日も取引可能!
とてもありがたいサービスですね。

●決済期限がない
通常であれば決済期限がある投資がほとんどですが、くりっく株365に関してはそれがありません。
じっくりと温めたいときでも長期保有ができるので、ポジションが毎日自動的に繰越されていきます。
決済期限に追われない投資ができるというのは、初心者にとっても安心ですね。

Categories: くりっく株365
28 6月 2016

株価指数取引で取引できるのは、日経平均株価だけではありません。有名なところでいえば、ダウニューヨーク平均株価指数などは、テレビでもよく流れますから、聞いたことあるという方は多いと思います。ここでは、ダウ平均株価指数取引についてご紹介してみたいと思います。

ダウ平均株価指数とは、 正式にはダウ・ジョーンズ工業株価平均(Dow Jones Industrial Average)で、日本では「ダウ平均」「NYダウ」「ダウ工業株30種」などと呼ばれています。これは、通信社であるダウ・ジョーンズ社が、アメリカ合衆国を代表する優良30銘柄を選出し、指数化したものです。 30銘柄は固定ではなく適宜入れ替えられており、その入れ替えは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙の編集陣によって行われているそうです。どのような銘柄が選出されているかといえば、ウォルト・ディズニー・カンパニーやボーイング、アップル社など、日本でも知られている会社がずらりと並んでいますよ。

ダウ平均株価指数取引をするということはどういうことでしょうか。ダウ平均に選ばれている個別の株式銘柄を売買するのではありません。あくまでも、取引する対象は「指数」です。これからまだまだダウ平均株価が上がるなあと思ったら、今のうちに買っておきます。そして、それが本当に値上がりした時に売れば、利益が出ます。

おもしろいのが、ダウ平均株価指数取引は、差金決済であるということです。実際に株価指数分のお金を支払って株価指数を買うわけではなく、買ったあとに売って決定した差額だけを、もらったり払ったりすることになります。実際にモノを売買するわけではないので、売りの発注からかけることもできます。これから値下がりしそうだと思ったら、まずは売り、指数が下がってきたときに買い戻せばよいのです。なお、こういった取引をするためには、証拠金と呼ばれる担保を証券会社に差し入れておく必要があります。証拠金の額によって取引できる金額が変わってきますよ。

Categories: くりっく株365
20 6月 2016

くりっく株365で資産運用するならば、どのような情報を収集し、分析するのが良いでしょうか。くりっく株365で取引できるのは、日経225 証拠金取引、DAX® 証拠金取引、FTSE100 証拠金取引の3種類です。いずれも、株価指数取引であるという点に注意しながら、どのような情報を押さえていくべきなのかについて、考えてみたいと思います。

株式売買なら、各会社の現在の株価をチェックするだけでなく、総資産や財務状況、業績、人事、新商品などの情報など、様々なポイントをチェックしておく必要があります。しっかりした会社でこれからの成長が見込める会社の株式なら、一時的に値下がりすることがあっても動じることはありませんが、不安定な会社の株式ならいつ紙切れになってしまうかわからないので、早々に手ばなすことを検討すると良いのではないか、という話になるわけです。このように、経済活動の状況を示す基礎的な要因のことを「ファンダメンタルズ」と呼び、これらを用いて分析していくことを「ファンダメンタルズ分析」と呼びます。

一方、外国通貨を取引するFXなら、その国の経済を分析する必要がありますから、ファンダメンタルズ分析として、経済成長率、物価上昇率、失業率、財政収支の赤字(黒字)率、経常収支の赤字・黒字額などをチェックする必要があります。

では、株式指数取引ならいかがでしょうか。株式指数取引のメリットとして、市場全体の値動きなので、個別の銘柄をチェックする必要が無いというふうに宣伝されることもありますが、まったくその通りというわけではありません。市場をひっぱっていく銘柄については常にチェックしておくべきですし、その市場のある国の経済全体のファンダメンタルズ分析も押さえておく方が良いでしょう。DAX® 証拠金取引やFTSE100 証拠金取引などであれば余計に、レートなども関係してきますから、世界各国の金融関連ニュースなどもチェックしておきましょう。

Categories: くりっく株365
17 6月 2016

日経平均株価に対して投資をすることができる金融商品で一番メジャーなものと言えば、”くりっく株365”です。
投資経験が浅い初心者でも気軽に始めやすいこともあり、今非常に大きな注目を集めています。
とはいえ、くりっく株365をどのようにトレードしていくのか、その手法などの基本的な知識は押さえておかなければいきなり大きな損失を出しかねません。
まずは専門サイトでくりっく株365の基礎知識を身につけましょう。

私がおすすめするサイトは、『日経225実践編.com』です。
サイト名は”実践編”となっていますが、内容は初心者向けとなっていますのでご安心ください。
基礎的な内容と、実際に実践をするときに注目したいポイントをまとめてくれているサイトになります。
特に投資に関して右も左もわからないという方にこそ向いているサイトではないでしょうか。

コラムの概要としては、
・株価指数取引の基本
株価指数とは?、株価で取引をする日経225についてなど
・日経225への投資を実践
銘柄選びのポイントとは、損切のタイミングとは?など
・知って得する関連情報
リスクヘッジについて、日経225の税金関係など
となっています。

特に私が一押しするコラムは、「損切のタイミングとは?」という内容のものです。
損切とは今している投資がこれ以上含み損を出さないようにするために施す手立てのことで、見切り売りをすることで損失額を確定することを指します。
またの名をロスカットというので、耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
ほとんどの方が「もう少し保有しておけばプラスに転じるかもしれない」という淡い期待を抱くのですが、ロスカットは取扱業者によって行われるので投資家としては手の出しようがないのです。
絶対に避けたいもののひとつなので、特にしっかりと読まれることをおすすめします。

日経225に関する実践的内容はこちら→をご覧になれば、きっとあなたも投資を有利に進めていくことができるでしょう。

Categories: くりっく株365
8 6月 2016

最近、注目が集まっている「くりっく株365」とは何でしょうか。ここでは、「くりっく株365」について詳しくご紹介してみたいと思います。

「くりっく株365」とは、は日本で初めての公的な取引所による株価指数証拠金取引です。ポイントは、取引所取引であることです。取引所取引ならではのメリットがいろいろあるので、多くの投資家の支持と注目を集めています。店頭CFD業者を仲介しないため、投資家が差し入れる証拠金は全額、金融取に預けられます。店頭CFD業者を介している場合、その業者が破たんしてしまったら、差し入れていた証拠金も水の泡となってしまうリスクがありますが、「クリック株365」なら証拠金が保証されています。また、「完全マーケットメイク方式」を採っていて、複数のマーケットメイカーに価格を提示させ、その中で、最も投資家に有利な価格を投資家に提示してくれるので、投資家は良い価格での取引が可能となります。

では、「くりっく株365」では何を取引するのかについてもご紹介しましょう。「くりっく株365」で取引できるのは、日経225、DAX®、FTSE100の3種類の株価指数です。それぞれ、日本、ドイツ、イギリスの株価指数です。外国の株価指数も円価格で取引できるので便利ですよ。海外の取引所もカバーしているので、ほぼ24時間取引ができるというのも良いですね。祝日の取引も可能です。さらに、決済期限もないので、急いで売ったりしなくても良いので、長期的に資産運用しようと思っている方にもおすすめです。買いポジションについては、配当金までもらえるのですから、こんなお得な取引はなかなか他にはありません。

もちろん、証拠金取引ですので、レバレッジをきかせて少額で高額取引をすることも可能です。「くりっく株365」を始めるなら、これの取り扱いのある証券会社に口座を開設するところから始めましょう。無理のないレバレッジで取引してくださいね。

Categories: くりっく株365
3 6月 2016